飲み薬が主流である

Dog playing with snow

フィラリアは寄生虫が犬や猫の心臓に寄生する病気で、フィラリア予防薬を犬や猫に服用させておけば寄生を防ぐことができる病気です。蚊に刺されることで感染してしまうので蚊を見かけたらフィラリア予防薬を飲ませ始め、蚊を見かけなくなってからさらに1カ月は飲み続けることで感染を防ぐことができます。近年では気温が上昇していたり、家の中でも温かいことが多いので長期間蚊を見かけますので場合によっては9ヶ月もフィラリア予防薬が必要になってしまいます。沢山飲ませるため費用を削減するにはフィラリア予防薬を個人輸入代行サイトから購入するのも一つの方法です。海外で販売されているフィラリア予防薬がまるで日本国内で通販を行うような簡単な方法で安く手に入れることができます。

一般的に病院で処方されるフィラリア予防薬は飲み薬やスポットタイプがありますが、飲み薬が主要なものとなります。病院による差やペットの体重によって必要な薬の量が違ってきますので、体重が重いペットほど費用が高額になる傾向にあります。一般的には体重が5kgまでなら1か月分が600円〜1000円程度になり、それに診察料などが加算されることもあります。個人輸入代行サイトを利用して購入した場合、同じ体重のペットのフィラリア予防薬が1カ月で500円〜600円ほどで購入できます。まとめ買いを利用すればさらに安くなりますので、長期間服用しなければいけないことを考えると個人輸入を利用して購入した方が飼い主の金銭的な負担は軽くなります。